『グーテンベルク時代のWordPressノート テーマの作り方(入門編)』について

グーテンベルク時代のWordPressノート テーマの作り方(入門編)』は、WordPress 5.xの新しいブロックエディタ「Gutenberg(グーテンベルク)」を活かしたオリジナルテーマの作成方法をステップ・バイ・ステップで解説した入門書です。

テーマの作成を通してWordPressの基本的な仕組みや機能を習得していただけるように構成し、グーテンベルクとの付き合い方や、ブロックが持つHTMLとCSSの扱いなどについて詳しく解説しています。

そのため、

などに参考にしていただけるのではないかと思います。

電子書籍にした理由

今回、『グーテンベルク時代のWordPressノート テーマの作り方(入門編)』は出版社を通さない、エビスコムのオリジナルの電子書籍としてAmazonからリリースしました。

Amazon Kindle

近年は『WordPressレッスンブック HTML5&CSS3準拠』の改訂版はいつなのか、というお声をいただくことが増えていたのですが、

  • これから先を考えると、グーテンベルクに対応した形で改訂したい
  • しかし、WordPressがバージョンアップの周期を早めており、5.0のリリース後は3ヶ月に1回はメジャーアップデートがリリースされている。
  • さらに、グーテンベルク自体はプラグインとしてWordPress本体よりも先行してどんどん開発&改良が進んでいる。

という状況です。本を書いても、書店に並ぶ頃には話が古くなってしまう可能性が高く、書く側からすると非常に心が痛いことになってしまいます(ああぁ… 話が変わってしまった… ごめんなさい… という感じです)。

とはいうものの、

  • 開発が落ち着くのがいつになるのか見えない
  • Web上の情報が新旧異なるバージョンの話が入り乱れて、非常にわかりにくく、危うい状態になっている

そのあたりから何とかできないものかと考えた結果が、電子書籍です。電子書籍であれば最新の情報を盛り込んだ形でスピーディにリリースすることができますし、追加・修正していくこともできます

実際に、『グーテンベルク時代のWordPressノート テーマの作り方(入門編)』では5月7日にリリースされたWordPress 5.2に対応させ、5.2で追加された

* ブロックエディタのインターフェースデザインの変化
* ブロックマネージャーの機能
* 新しいテンプレートタグ <?php wp_body_open(); ?> の埋め込み

まで盛り込むことができました。


紙の書籍『WordPressレッスンブック HTML5&CSS3準拠』の改訂については、基本的なテーマの作成に必要な機能の開発が落ち着いた頃に、と考えています。

ただ、今しばらくはいろいろと変わっていきそうですので、電子書籍でお付き合いいただければと思います。

今回の電子書籍で採用したAmazon Kindleの「プリント・レプリカ形式」については、次の著者NOTE「Amazon Kindleのプリントレプリカ形式を選択した理由」で取り上げます

HTML&CSS コーディング・プラクティスブック
最新ラインナップ

デザインカンプと指示書に従い、
Webページをコーディングしてみる実践シリーズです。
シリーズ情報