スマートフォンサイトのためのHTML5+CSS3

レスポンシブWebデザイン、デバイスの特性や機能の判定、ビューポートの設定、高解像度デバイスへの対応… 知っておきたいスマートフォン・タブレット対応、サイト構築のテクニックをこの1冊で!

スマートフォンやタブレットなど、あらゆるデバイスを目指した情報発信・Webデザインにおいて有効なHTML5 + CSS3の機能に関する情報を集め、活用テクニックをまとめた一冊です。

出版日 2012年08月
ISBN 483994332X
ISBN-13 978-4839943325
出版社 マイナビ
ページ数 320ページ
判型 B5変型

はじめに

World Wide Webが産声を上げてから、20年を超える歳月が過ぎました。

研究者の一部だけが利用する、非常に限られた人のための道具でしかなかったWorld Wide Webですが、今では、誰もが簡単に利用することができるメディアとなり、生活の一部にさえなっています。

しかし、その変化に合わせて「あらゆるデバイスからアクセスできる」という理想は失うことになります。

当時のウェブは、いずれ現れるであろう未来のデバイスも含めて、あらゆるデバイスからアクセスされることを想定していました。そして、そんな時代のWebデザインでは、大きさや形の定まらないページのデザインを考えるという、多くの思考トレーニングが行われていました。
テキストと画像くらいしか扱うことができなかったころ、JavaScriptやCSSさえ存在しなかった時代の話です。

しかしその後、Webがグラフィカルでインタラクティブなものとなり、商業化が進んでいきます。その結果、デザインの重要性が高まり、ページサイズは固定され、受信環境はどんどん限定されていくことになります。

ところが、iPhoneやiPad、そしてAndroidといったスマートフォンやタブレットが登場し、誰もが手にするようになった今、Webは再びスタート地点に立ち戻り、あらゆるデバイスを目指した情報発信が必要な時代に入ろうとしています。

そして、この時代の主役であるHTML5 + CSS3 は、多様なデバイスへの情報発信を可能にするための機能を急速に備え、新しいWebデザインの時代に対応しようとしています。

そこで、本書では、現時点で見えている新しいWebデザインで有効な機能に関する情報を集め、活用するテクニックをまとめています。
新しいWebデザインの時代を感じていただければ幸いです。

もくじ

Chapter1 スマートフォンやタブレットに対応したサイト構築の考え方

1 スマートフォン&タブレットに対応したWeb サイト制作の歴史
  1-1 iPhone の登場
  1-2 iPhone に最適化したWeb ページ制作の誕生
  1-3 Android の登場
  1-4 タブレットの登場
  1-5 多様なデバイスに対応するためのWebページ制作
2 レスポンシブWebデザイン
  2-1 レスポンシブWebデザイン
  2-2 画面の横幅
3 densityに基づいたビューポート
  3-1 densityとは
  3-2 ビューポートとは
  3-3 densityに基づいたビューポートを利用する理由
  3-4 デザインを切り替えるための横幅の決定

Chapter2 レスポンシブWebデザインの実践

■レスポンシブWebデザインにおける主要レイアウトパターン
■レスポンシブWebデザインの基本設定
  1 ビューポートの横幅の指定
  2 メディアクエリとスタイルシートの設定
A 可変レイアウトによるレスポンシブWebデザイン
B 固定レイアウトによるレスポンシブWebデザイン
C 可変レイアウト+固定レイアウトによるレスポンシブWebデザイン

Chapter3 特性や機能の判別

1 デバイスの特性や機能の判別
  1-1 特性や機能の判別について
  1-2 特性や機能の判別方法
2 CSS3のメディアクエリ
  2-1 CSS3のメディアクエリの基本
  2-2 メディアタイプの指定
  2-3 特性の指定
3 CSSOMによるメディアクエリ
  3-1 JavaScriptでメディアクエリを利用する
  3-2 CSSOMによるメディアクエリの基本
  3-3 リスナーを利用してビューポートの横幅の変化に対応する
  3-4 ライブラリを利用して未対応のブラウザに対応する
4 JavaScriptで特性の値を取得する
  4-1 メディアクエリでは不十分な機能を補う
  4-2 画面解像度の値を取得する
  4-3 デバイスの向きの値を取得する
  4-4 densityの値を取得する
5 機能の判別
  5-1 機能の判別の基本的な仕組み
  5-2 Modernizrによる機能の判別
  5-3 jQueryによる機能の判別

Chapter4 ビューポートとブラウザの設定

1 ビューポートの基本設定
  1-1 によるビューポートの設定
  1-2 ビューポートをdensityに基づく解像度で表示する
  1-3 ビューポートの横幅をピクセルで指定する
  1-4 ページの拡大率を指定する
  1-5 ユーザーによる拡大表示を制限する
  1-6 densityを指定する
2 アドレスバーの表示
  2-1 アドレスバーの表示
  2-2 アドレスバーを隠す
  2-3 ファビコンを表示する
3 Webクリップのアイコンの指定
  3-1 Webページをホーム画面に登録する
  3-2 Webクリップのアイコンを指定する
  3-3 スタンドアローンモードで表示する

Chapter5 高解像度なデバイスへの対応

1 高解像度なデバイスへの対応
  1-1 デバイスの高解像度化と画像表示の問題
  1-2 画像がぼけて見えるのを防ぐ方法
2 高解像度な画像の利用
3 SVGの利用
  3-1 SVG形式で画像を用意する
  3-2 SVG形式の画像を表示する
  3-3 インラインSVGを利用する
4 Webフォントの利用
  4-1 画像をWebフォントに置き換えて表示する

Chapter6 テクニカル・サンプル

1 HTML5を利用した論理構造のマークアップ
2 HTML5によるビデオの表示
3 フォームのデザイン
4 横並びのメニューを効率よくレイアウトする
5 画面の横幅に応じて自動的に段組みで表示する
6 ヘッダーを画面上部に固定表示する
7 コンテンツをコンパクトに表示する
8 アニメーション効果の設定
9 対応ブラウザのみにSVGを表示する
10 インラインSVG+CSSでロールオーバーを設定する
11 ビューポートの設定を動的に変更する
12 デスクトップ環境ではレスポンシブWebデザインを無効にする
13 デバイスに合わせて最適な画像を表示する
14 コンテンツの表示を動的に切り替える
15 ロールオーバーの表示を揃える
16 画面の横幅に合わせて文字サイズを変更する
17 jQuery Mobileの利用

逆引き索引

レスポンシブWebデザイン

  • One Web / One URLによるマルチデバイスへの対応
  • レスポンシブWebデザインを設定する
  • モバイルファーストでレスポンシブWebデザインを設定する
  • デザインを切り替えるための横幅の決定
  • スマートフォン用とデスクトップ用のデザインをボタンで切り替える
  • デスクトップ環境ではレスポンシブWebデザインを無効にする

デバイス

  • デバイスの画面解像度
  • dpiによるデバイスの分類とdensity
  • densityに基づいた解像度
  • デスクトップとスマートフォンにおける見た目の大きさの違い

ブラウザ

  • アドレスバーを隠す
  • アドレスバーを隠す(jQuery Mobile)
  • フルスクリーンモードで表示する
  • スタンドアローンモードで表示する
  • スタンドアローンモードでステータスバーの表示をカスタマイズする
  • Androidでデスクトップ版サイトを閲覧する
  • Windows Phoneでデスクトップ版サイトを閲覧する
  • モバイル版のOperaやFirefoxでユーザーエージェントを変更する
  • ダブルタップでコンテンツを拡大表示する
  • ページ内の記事のみを抽出して閲覧する
  • リンクの長押しで表示されるメニュー
  • ファビコンの表示
  • ホーム画面にショートカット(Webクリップ)を表示する
  • Webクリップのアイコンを指定する
  • Webクリップのアイコンに陰影をつけずに表示する
  • デバイスに合わせて最適なWebクリップのアイコンを表示する

ビューポート

  • ブラウザが設定する標準のビューポートの横幅
  • ビューポートの横幅をdensityに基づいた解像度に設定する
  • ビューポートの横幅をピクセルで指定する
  • ビューポートの横幅をピクセルで指定したときに発生する問題
  • widthとinitial-scaleをいっしょに指定したときのビューポートの横幅
  • ビューポートのdensityを指定する
  • ビューポートを横向きにしたときの表示
  • iOSで横向きにしたときの拡大表示を禁止する
  • iOSで横向きにしたときの拡大表示を禁止する(jQuery Mobile)
  • 拡大率の最小値と最大値を指定する
  • ユーザーによる拡大表示を禁止する
  • ユーザーによる拡大表示の禁止を無効にする
  • ビューポートの横幅を動的に変更する

ページレイアウト

  • 固定レイアウトの設定
  • 可変レイアウトの設定
  • サイドバーのみを固定した可変レイアウトの設定
  • 2段組みのレイアウトの設定
  • 4段組みのレイアウトの設定
  • floatによる段組みの設定
  • 段組みを解除して1段組みのレイアウトにする
  • 画面の横幅に応じて自動的に段組みで表示する
  • 改段の位置を指定する
  • ページの横幅の最大値を指定する
  • ヘッダーを固定表示する(position:fixed)
  • ヘッダーを固定表示する(jQuery Mobile)
  • フッターを固定表示する(position:fixed)
  • フッターを固定表示する(jQuery Mobile)
  • ヘッダーとフッターを固定表示する(iScroll 4)

コンテンツ

  • 画面の横幅に応じてコンテンツの表示・非表示を切り替える
  • 画面の横幅に応じてコンテンツを読み込んで表示する
  • 画面の横幅に応じてコンテンツの表示位置を変更する
  • スマートフォンで閲覧したときにのみコンテンツを表示する
  • フェードインでコンテンツを表示する
  • コンテンツを折りたたみ表示する(:target)
  • コンテンツを折りたたみ表示する(HTML5)
  • コンテンツを折りたたみ表示する(jQuery Mobile)
  • 折りたたみ表示のアニメーションを設定する
  • コンテンツを画像に重ねて表示する
  • 1つの要素に複数の背景画像を表示する
  • 背景を半透明にする
  • グラデーションを表示する
  • ボックスを楕円形にデザインする
  • Webフォントの利用
  • Webフォントサービス
  • 文字サイズを可変にする
  • 文字サイズの自動調節機能を無効にする

リンク

  • リンクを横に並べて表示する
  • リンクを横に並べて表示する(フレキシブルボックスレイアウト)
  • 指定した横幅で表示する
  • 文字数に合わせた横幅で表示する
  • 画面の横幅に応じて均等な横幅で表示する
  • 画面の横幅に応じて均等な横幅で表示する(フレキシブルボックスレイアウト)
  • 画面の横幅に応じて均等な横幅で表示する(jQuery Mobile)
  • 2つ目のリンクの後に改行を入れる
  • リンクの長押しでメニューを表示しないようにする
  • Android 2.3.xで発生するリンクの問題を回避する
  • 電話番号の自動リンク機能を無効にする
  • 電話番号のリンクを設定する
  • ロールオーバーの表示
  • ハイライトを活用した表示を行う
  • ハイライトの色をカスタマイズする
  • デスクトップ環境の場合にのみ:hoverの設定を利用する
  • スマートフォンやタブレット用に:hoverに相当する処理を設定する
  • スマートフォンやタブレット用に:hoverに相当する処理を設定する(jQuery Mobile)

画像

  • デバイスに合わせて最適な画像を表示する
  • デバイスに合わせて最適な背景画像を表示する
  • モバイルファーストで画像を表示する
  • densityに応じて最適な画像を表示する
  • densityに応じて最適な背景画像を表示する
  • レスポンシブイメージの設定
  • 画像の表示サイズを指定する
  • 画像を可変にする
  • 背景画像の表示サイズを指定する
  • 背景画像を可変にする
  • 記事と並べた画像を可変にする
  • 高解像度なデバイスで画像がぼけてみえる問題
  • 画像がぼけて見えるのを防ぐ
  • 高解像度な画像を利用する
  • 画像がオリジナルサイズ以上に拡大されないようにする
  • 画像の拡大処理のアルゴリズムを指定する
  • スムージングをかけずに画像を拡大する
  • SVG形式の画像を作成する
  • SVG形式の画像を表示する
  • SVGに未対応の場合はPNGに置き換えて表示する
  • インラインSVGを表示する
  • インラインSVGに未対応の場合はPNGに置き換えて表示する
  • CSSでインラインSVGの図形の色を変更する
  • HTML5で画像の下に余白が入るのを防ぐ

ビデオ

  • HTML5でビデオを表示する
  • 画面の横幅に応じて読み込むビデオを変更する
  • HTML5のビデオで利用できるコーデック
  • HTML5のビデオを固定サイズで表示する
  • HTML5のビデオを可変にする
  • YouTubeのビデオを可変にする

フォーム

  • HTML5で新しく作成できる入力フィールド
  • ボタンを作成する
  • フォームに標準で適用されるデザインを無効にする
  • 送信ボタンのみにスタイルシートを適用する
  • 入力フィールド内にプレースホルダを表示する
  • 入力フィールドにオートフォーカスする
  • 入力を必須にする
  • 必須項目が未入力の場合の処理を指定する
  • CSS3で入力内容を検証する
  • HTML5で入力内容を検証する
  • 入力内容が間違っている場合は送信を停止する
  • pattern属性で入力できる内容を指定する

特性の判別

  • CSS3 CSS3のメディアクエリで特性を判別する
  • CSSOM CSSOMのメディアクエリで特性を判別する
  • CSS3 CSSOM メディアクエリで判別できる特性
  • CSS3 ビューポートの横幅を判別する
  • JavaScript ビューポートの横幅の値を取得する
  • CSS3 画面の横幅に応じて適用するスタイルシートを切り替える
  • CSS3 画面の横幅に応じてメニューの表示位置を変更する
  • CSS3 画面の横幅に応じてコンテンツを挿入する
  • CSSOM 画面の横幅に応じて表示内容を変える
  • CSSOM 画面の横幅に応じて表示内容を変える(横幅の変化に対応)
  • CSSOM 画面の横幅に応じて表示内容を変える
    (横幅の変化と主要ブラウザに対応)
  • CSS3 画面解像度を判別する
  • JavaScript 画面解像度の値を取得する
  • CSS3 デバイスの解像度(dpi)を判別する
  • CSS3 画面の向きを判別する
  • JavaScript 画面の上下左右の向きを確認する
  • JavaScript 画面の向きの変化を検出する
  • CSS3 画面の縦横比を判別する
  • CSS3 カラーとモノクロを判別する
  • CSS3 density(device pixel ratio)を判別する
  • JavaScript density(device pixel ratio)の値を取得する
  • CSS3 densityに応じて表示内容を変える
  • JavaScript densityに応じて最適な画像を表示する
  • CSS3 densityに応じて最適な背景画像を表示する
  • JavaScript 回線速度に応じて処理を実行する
CSS3 … CSS3のメディアクエリを利用。
CSSOM … CSSOMのメディアクエリを利用。
JavaScript … JavaScriptを利用。

機能の判別

  • JavaScriptで機能を判別する
  • Modernizrで機能を判別する
  • jQueryで機能を判別する
  • CSS3のtext-shadowへの対応に応じてデザインを変える
  • CSS3のフレキシブルボックスレイアウトへの対応に応じてスタイルシートを適用する
  • HTML5のCanvasへの対応に応じて処理を実行する
  • HTML5のフォームの入力フィールドへの対応に応じて処理を実行する
  • SVGへの対応に応じて処理を実行する
  • HTML5のインラインSVGへの対応に応じて処理を実行する
  • タッチデバイスかどうかを判別する

ユーザーエージェントによる判別

  • ユーザーエージェントでデバイス名/OS/ブラウザを判別する
  • iPhoneを判別する
  • Android 2.xを判別する
  • スマートフォンまたはタブレットを判別する
  • iPhone/iPodまたはAndroid搭載スマートフォンを判別する
  • iOS/Android/Windows Phoneを判別する
  • WebKit系のブラウザを判別する
  • デスクトップ環境を判別する
  • スマートフォンで閲覧したときにのみコンテンツを表示する
  • デスクトップ環境ではレスポンシブWebデザインを無効にする

HTML5

  • HTML5のDOCTYPE宣言やヘッダー部分の記述
  • HTML5でページの論理構造をマークアップする
  • HTML5で新しく追加された要素
  • HTML5で新しく作成できる入力フィールド
  • IE8以前でもHTML5の新しい要素に対応する
  • 見出しや文章にまとめてリンクを設定する
  • <header>でヘッダーをマークアップする
  • <footer>でフッターをマークアップする
  • <article>で記事をマークアップする
  • <article>とリーダー機能
  • <nav>でナビゲーションをマークアップする
  • <aside>で補足的な情報をマークアップする
  • <section>でセクションをマークアップする
  • <details>と<summary>で追加情報をマークアップする
  • <svg>でインラインSVGを表示する
  • <video>でビデオを表示する
  • <source>でビデオや画像の複数の候補を指定する
  • <source>のmedia属性の利用
  • <img>のsrcset属性で複数の画像候補を指定する
  • <picture>で複数の画像候補を指定する
  • カスタムデータ属性(data-)を利用する
  • media属性を持つ<link>を削除する
  • enabled属性とdisabled属性で有効・無効を切り替える
  • タッチイベントで:hoverに相当する処理を設定する
  • classList APIでクラス名の追加と削除を行う
  • The constraint validation APIでフォームの入力内容を検証する
  • The Network Information APIのConnectionインターフェースで回線速度を取得する

CSS3

  • :last-childセレクタで最後の要素に設定を適用する
  • :nth-child()セレクタで偶数番目の要素に設定を適用する
  • :nth-child()セレクタで2つ目の要素に設定を適用する
  • 兄弟セレクタ(隣接セレクタ)「+」で隣接する要素に設定を適用する
  • 兄弟セレクタ(隣接セレクタ)「+」を:nth-child()の代用に利用する
  • 属性セレクタで特定の属性と属性値を持つ要素に設定を適用する
  • :invalidセレクタで入力内容に間違いがある要素に設定を適用する
  • :disabledセレクタで無効な要素に設定を適用する
  • :targetセレクタでコンテンツの表示を切り替える
  • ::beforeセレクタでコンテンツの挿入位置を指定する
  • ::-webkit-details-markerセレクタでマーカーのデザインを指定する
  • linear-gradient()でグラデーションを表示する
  • rgba()で半透明色を指定する
  • image-set()で複数の画像候補を指定する
  • appearanceでブラウザ標準のパーツのデザインを無効にする
  • background-sizeで背景画像の表示サイズを指定する
  • border-radiusで角丸を指定する
  • box-sizingで罫線とパディングを横幅に含めるように指定する
  • text-size-adjustで文字サイズの自動調節を無効にする
  • animationでアニメーションを指定する
  • transitionでアニメーションを指定する
  • アニメーションで値を変化させることのできるプロパティ

CSS4

  • メディアクエリのresolution特性でdensity(device pixel ratio)を判別する
  • メディアクエリのhover特性でhoverが機能するかどうかを判別する
  • image-renderingで画像の拡大処理のアルゴリズムを指定する

表示・出力の確認

  • 開発者用のツール(デベロッパーツール)の利用
  • PCブラウザのユーザーエージェントを変更する
  • スマートフォンやタブレットでの表示をデスクトップ環境で確認する

ライブラリ

  • Polyfillライブラリ
  • githubで公開されたライブラリの利用
  • matchMedia.jsでCSSOMを利用する
  • Modernizrで機能を判別する
  • jQueryで機能を判別する
  • MobileESPでOSやブラウザを判別する
  • iOS-Orientationchange-FixでiOSを横向きにしたときの拡大表示を禁止する
  • iScroll 4でヘッダーとフッターを固定表示する
  • jQuery Mobileでスマートフォン用のデザインのみをカスタマイズする
  • jQuery Mobileでテーマ設定を含まないCSSを利用する