エビスコムの本のロードマップ

このページではエビスコムの各本の位置付けや展望についてまとめています。本を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

Web制作の基本 デザイン・レイアウト テクニック 総合・発展
HTML & CSS
CSSグリッド
ベースのWebデザイン
CSSグリッドレイアウト
CSSグリッドで作るHTML5&CSS3レッスンブック CSSグリッドレイアウト デザインブック
HTML5&CSS3ステップアップブック(2018)
HTML5&CSS3デザイン 現場の新標準ガイド
フロート(フレキシブルボックス)
ベースのWebデザイン
フレキシブルボックス レイアウト
6ステップでマスターする 「最新標準」HTML+CSSデザイン
フロート
HTML5&CSS3レッスンブック HTML5&CSS3デザインブック これからの「標準」を学ぶ マルチデバイス対応サイト構築
基本 デザイン・レイアウト テクニック 総合・発展
WordPress WordPressレッスンブック HTML5&CSS3準拠 WordPressデザインブック HTML5&CSS3準拠 WordPress ステップアップブック WordPress AMP対応 モダンWeb制作 レッスンブック

CSSグリッドベースのWebデザイン

CSSグリッドを利用してWebページを作成していく書籍です。特に、これからのWeb制作ではCSSグリッドの活躍の場が広がっていくと考えています。

CSSグリッドで作るHTML5&CSS3レッスンブック

これからWeb制作の学習をはじめる方が、ステップ・バイ・ステップ形式でWebページを作成しながら、HTMLとCSSの基本から、CSSグリッドによるレイアウト、モバイルファーストな制作手順、本格的なレスポンシブの設定までを習得していただけるように構成した入門書です。

CSSグリッドレイアウト デザインブック

CSSグリッドレイアウトを本格的に活用し、レスポンシブなWebデザインを実現していく一冊です。

従来のWebでは難しかった「これをここに配置したい」や「レスポンシブでこうしたい」が手軽に実現できるようになっていますので、長年Web制作に携わってきた方はもちろん、Web制作を始めたばかりの方にも参考にしていただけると思います。

HTML5&CSS3ステップアップブック(2018)

CSSグリッドとフレキシブルボックスレイアウトを利用して、ステップ・バイ・ステップでWebページを作成・アレンジしていく一冊です。フロートベースでWebデザインを行う『HTML5&CSS3 デザインブック』を読了された方や、HTML5とCSS3でWebページ制作経験のある方が、CSSグリッドやフレキシブルボックスレイアウトを習得することを目的としています。

HTML5&CSS3デザイン 現場の新標準ガイド

HTML5とCSS3の現状&ちょっと未来までの把握に重きを置き、これからの戦略を立てるためのガイドブックを目指して作成した書籍です(RPGでいうところのマップやアイテムガイドのイメージでしょうか)。そのため、テクニック集ではなく、辞典的な構成となっています。

基本的な機能はもちろん、CSSグリッドやフレキシブルボックスレイアウト、アニメーション、シェイプ、クリッピングパス、セマンティクスなどなど、これからのWeb制作に欠かせない機能の数々について詳細にまとめていますので、アイテムガイドとして、また、HTML/CSSについてより理解を深めたい場合などに活用していただければと思います。

フロート(フレキシブルボックス)ベースのWebデザイン

フロート(float)やフレキシブルボックス(flexbox)の機能を利用してWebページを作成していく書籍です。CSSグリッドとは異なり、パーツの相互の位置関係でレイアウトを形にしていくテクニックが必要になります。

6ステップでマスターする 「最新標準」HTML+CSSデザイン

最新ブラウザをターゲットに、HTML5+CSS3の機能をフル活用してレスポンシブなWebサイトを作成する1冊です。フレキシブルボックスレイアウトを中心に、remや変数、vw/vhといった最新機能を活用し、一歩先に進んだ制作ノウハウをステップ・バイ・ステップで習得していただけるように構成しています。

HTMLとCSSの簡易リファレンスも収録していますので、基本の習得や、多彩な機能の確認・復習などにも活用していただけると思います。

HTML5&CSS3レッスンブック

HTML や CSS を全くさわったことのない方が、ステップ・バイ・ステップ形式でサンプルを構築しながら、HTML と CSS の基本を習得していただけるように構成した一冊です。最低限Webページを作成できるようになるだけでなく、その先にある様々なことを学んでいくための最初のステップとしていただくことを目的としています。

サンプルは徹底的にシンプルにすることで、構造を見えやすくすると共にキータイプを減らすことを心がけていますので、Webデザインの初心者の方ばかりでなく、パソコンの初心者の方にも読んでいただけるかと思います。HTML5 のセマンティクスの考え方の基本もしっかりと解説していますので、改めてページ制作の基礎を学びなおしたいといった方にも、本書を活用していただければ幸いです。

HTML5&CSS3デザインブック

レスポンシブWebデザインでページを作成し、レイアウトを自在にコントロールするノウハウやテクニックをまとめた一冊です。

従来からのスタンダードなレイアウトテクニックであるCSSのフロートを利用し、レイアウトの基本となるボックスの並べ方 (段組の構成方法)について詳細に解説しています。Bootstrapなどの主要なCSSフレームワークでも使用されている基本的なテクニックですので、仕組みを理解する上でも役立てていただけると思います。

これからの「標準」を学ぶ マルチデバイス対応サイト構築

マルチデバイス対応に必要とされるノウハウやテクニックを、Googleの「モバイルガイド」と2つの判定ツール「モバイルフレンドリーテスト」・「PageSpeed Insights」を軸にまとめた一冊です。レスポンシブWebデザインはもちろん、動的配信、CSS/CSSOMによるメディアクエリ、ユーザーエージェントによるデバイスの判別、画像の最適化、表示の高速化など、目的に応じて最適なテクニックを選び、活用する際の参考にしていただければと思います。

WordPress

CMSやブログ制作ツールの代表格であるWordPressを利用して、Webサイトを構築していく書籍です。

WordPressレッスンブック HTML5&CSS3準拠

HTML5&CSS3レッスンブック』を読み終えたぐらいで、Webページを作り始めたレベルの方が、WordPressを理解しつつ、サイトを構築できるようになることを目指して書いた一冊です。そのため、WordPressに関する情報ばかりでなく、HTML&CSSに関しても必要と思われる情報をおさえています。

レスポンシブWebデザインの設定も行いますが、より詳しくは『WordPressデザインブック』を参考にしていただければと思います。

WordPressデザインブック HTML5&CSS3準拠

WordPressを使ってレスポンシブWebデザインのサイトを構築・管理するノウハウやテクニックをまとめた一冊です。HTMLとCSSは『HTML5&CSS3デザインブック』の設定をベースにしています。

各種メニューの設定やメタデータなど、近年のWebサイトに求められる要件をプラグインなしで実現する方法も盛り込んでありますので、WordPressの基本を習得した後の、次の一冊としても活用していただければと思います。

WordPress ステップアップブック

WordPressは使えるものの、ブラックボックスをつついているだけな感じがして、どうもすっきりしない。なんとかすっきりする方法はないものか…といったところからスタートした一冊です。

PHPを理解していればWordPressの理解が進むと言われますが、ちょっとかじった程度ではテンプレートの作成がはかどるくらい。WordPressの振る舞いを理解しようとしたら、少なくともコアファイルやプラグインのソースを追いかけることができるレベルでないと…とかなり高い壁になっていまいます。そこで、何かないものか…と手がかりを探した結果、行き着いたのが「WordPressが作り出すデータベースを眺めてみる」ことだったというのがこの本です(あくまでも、眺めてみるだけですのでご注意を!)。

データベースを眺めてみると、記事やカテゴリーなどの出力まわりはもちろん、「カスタム投稿タイプ」や「カスタムタクソノミー」なども一気にわかりやすくなり、活用しやすくなると思います。

WordPressの主要な機能を一通り盛り込んだ結果、HTML&CSSに関する解説に割くページはほとんどありませんでした。ただ、『HTML5&CSS3レッスンブック』の次に読んでいただける本として構成していますので、HTML&CSSに関する情報については参照していただければと思います。

WordPress AMP対応 モダンWeb制作 レッスンブック

Webページの最適化・高速化を手軽に実現するため、Googleが開発しているフレームワーク「AMP」を活用し、WordPressでAMPページを作成・アレンジするテクニックについて解説した一冊です。

Webページの最適化・高速化には『これからの「標準」を学ぶ マルチデバイス対応サイト構築』で紹介しているような、多種多様な設定やテクニックが求められます。しかし、AMPを活用するとそうした設定を1つずつ施す手間がなくなり、さまざまな恩恵を得ることができます。特に、WordPressではプラグインによってAMPを簡単に導入することができるため、AMPの世界を垣間見たり、実力を試してみる際のガイドとして、参考にしていただければと思います。